居心地の良い都市型狭小住宅  

 
トップページ 居心地の良い住まい 住まいに最適な工法 施工例 セカンドオピニオン 会社概要 お問い合わせ
 

都市型住宅の創り方
 
都市部の密集した住宅地で採光や通風を取り入れるには、建物に工夫を凝らして取り入れる必要があります。
 
窓の位置や空間を工夫することによって、採光や通風を確保することができます。空間は、仕切り方やガラスを利用することによって広く感じさせることができます。
 
視覚的効果を十分活用することによって、開放感ある空間が可能です。
  居心地の良い都市型住宅 快適で無駄のない空間
 
 
  



快適で無駄のない空間
 
一般的な木造住宅の床下や小屋裏など半屋外となる空間は、外断熱、外張り断熱工法を採用する場合は居室と同じ屋内空間となるので、無駄なく利用することができます。
 
限られた空間を効率よく利用することによって、リビング、ダイニングなどを大きく開放感のある空間とすることができます。
 
外断熱、外張り断熱工法は気密の良い空間となるため、室内の上下の温度差を少なく、大きな空間でも室内環境が安定して快適な環境とすることができます。
 
外断熱、外張り断熱工法は都市型の狭小住宅に最適です。
 
 
 
メンテナンスフリーを目指す省エネ住宅 居住性重視の都市型住宅
 
 
 
  使い易さや安全性を考える
 
スキップフロアは広がりのある空間とすることができますが、日々の段差は高齢者でなくても苦痛になることがあります。
 
周り階段は階段面積が少なく効率は良いのですが、物を運び入れるのが難しく、足を踏み外す危険があるので安全とは言えません。
 
見た目も大切ですが、使い易さと安全性を優先したプランとすることが重要です。
  外張り断熱工法を採用した快適住まい
  
 
 
 

 
外断熱を詳しく 外張り断熱を詳しく 消費者サイドの建築士 建築家によるサポート よくあるご質問  
 
 
  HOME リンク・サイトマップ お問い合わせ   
  Copyright(C)2000 T.A.Studio All Rights Reserved.