大幅な追加工事費の請求トラブル  

 
トップページ 居心地の良い住まい 住まいに最適な工法 施工例 セカンドオピニオン 会社概要 お問い合わせ
 

 
大規模修繕工事の積算方法
 
大規模修繕工事終了後の清算で、大幅な追加工事費が請求されてトラブルになる例があります。
 
大規模修繕工事で一般的となっているCM(コンストラクションマネジメント)方式は、設計者が劣化調査や診断を行い、図面や仕様書で修理範囲や修理方法を指定します。設計者が積算した数量を参考に建設会社が見積もる方法が採用されています。
 
設計者の指定した修理方法や修理範囲(工事費用の項目と数量)で作成された建設会社の見積書は、建設会社の判断と異なることが多くあるのです。
 
知らぬ間に工事予算が増える理由
 
実際工事を行って保証しなければならない建設会社としては、修理方法や修理範囲の判断が異なれば変更を求めてくるのは当然です。
  
設計者は建設会社の判断を無視することは難しい立場なので、修理方法や修理範囲の変更を認め、追加予算が請求されることになります。
  
設計者の見込み違いによる判断や積算数量に大きな差が生じた場合も同様、大幅な追加予算が請求されてトラブルになることがあります。
 
当社は管理組合サイドのパートナーとして、設計者の談合関与を防ぐ方法や建設会社選定での注意点のアドバイス、セカンドオピニオンを実施しています。
お問い合わせはこちらから。

 
消費者サイドの建築士
 
  大規模修繕工事の注意点 オーナーサイドのパートナー 消費者サイドの建築士  

 
 
HOME リンク・サイトマップ お問い合わせ 
  Copyright(C)2000 T.A.Studio All Rights Reserved.