大規模修繕工事で
行われる不正
 
マンション大規模修繕工事で、工事内容や工事金額、建設会社を決定していくことは、管理組合やオーナーにとって大きな負担となります。そこで、管理組合をサポートする方法として、設計コンサルタントへ依頼する方法が有効とされてきました。しかし、国土交通省より、不適切設計コンサルタントへの発注に注意するよう報告がありました。


マンション大規模修繕工事セカンドオピニオン

住民の理解を得る対策 
第三者の設計者選択
設計者の不正を防ぐには、設計者の選択を管理会社やマネージャーなどに任せず、管理組合やオーナーが独自に選択して決める方法が有効です。設計者が特定されると、談合などの不正が疑われることになります。建設会社の選定も同様で、管理会社や設計者に任せることは避けなければなりません。

設計者や建設会社の不正や予算オーバーを避ける方法は、管理組合やオーナー主導の大規模修繕工事ですが、専門家がいない管理組合やオーナーにとっては大きな負担となります。管理組合やオーナーサイドには信頼できる専門家・建築士のサポートが必要となります。第三者の専門家と進める管理組合やオーナー主導の大規模修繕工事であれば、決定に至る過程が明らかです。費用の負担が少なく、予算オーバーを避けることができれば、管理組合としては住民の理解を得る有効な対策となります。

 

大規模修繕工事
セカンドオピニオン
 
当社は管理組合サイドのパートナーとして、住民の理解を得るため、設計者や建設会社とは一線を画し、不正や談合関与を防ぐ方法、予算オーバーへの対策など、アドバイス、セカンドオピニオンを実施しています。予算に応じた工事監理も対応可能です。

費用は事前にお見積もりを提示していますのでご心配はいりません。お気軽にお問合せください。東京都世田谷区・目黒区・横浜市を中心に広い範囲で活動しています。サポート費用についてはこちらから。セカンドオピニオン

 

オーナーサイドのパートナー 
賃貸マンション設計・工事監理
賃貸マンションやアパート建設、大規模修繕工事は経営するオーナーにとって大きなリスク、大きな負担が生じます。そのような中で、オーナーが安心して経営に専念できるよう、専門の建築家がオーナーサイドの立場となって、設計から工事の監理まで、理想のマンション建設、経営維持に協力します。

住戸リフォームや外装リフォーム、高齢者や子育て世帯向けへのリフォームなど、工事監理のみでもオーナーに代わって対応協力することができます。東京都世田谷区・目黒区・横浜市を中心に広い範囲で活動しています。

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL 03-6885-5961 

メールでのお問い合わせは
こちらから