外断熱工法とは?
RC造の住まいに最適な工法
 
コンクリート造の建物の外壁や屋根の断熱は、構造体であるコンクリートの室内側に断熱材を張り付ける内断熱という工法が一般的に行われています。

この工法に対して、コンクリート本体を断熱材で外側からすっぽり包んでしまう工法を外断熱といいます。コンクリートの蓄熱性を生かした省エネ効果があります。また、カビの原因となる結露が生じにくく衛生的な空間とすることができ、さらに構造体の耐久性を増すメリットもあります。

外張り断熱工法とは?はこちらから

外断熱工法の住宅

外断熱工法のメリット
デメリットは?
コンクリート造の建物は、コンクリート自体が室内の熱(暖冷房の熱等)を蓄熱する特性があります。外断熱することによって蓄熱効果が高まるため、例えば、冬は内部の暖房や照明の熱を蓄熱するので、暖房を止めたとしてもコンクリートに蓄えられた熱の放熱によって急激に冷えることを防ぐことができます。

夏は熱い日差しでコンクリートが熱を持つことがありません。コンクリートは冷房熱を蓄熱して冷えているので、冷房を止めたあとでも暑くて寝苦しいということがありません。上下の温度差が少ない安定した室内環境とすることができます。また、コンクリートが断熱材で覆われているため、室内側は結露が生じにくくなり、カビやダニが発生しない衛生的な空間とすることができます。

外断熱工法のメリット

コンクリートは外側から保護されているので、いつまでも本来の強度を保つことができるメリットがあります。コンクリートは一般に知られているより弱くてもろいので、外装に素材のまま使用するには不向きな素材です。外断熱はコンクリートを外側から包んで保護してしまうので、コンクリートの耐久性が増すといえるでしょう。

デメリットとしては、外部断熱材の外側に外装材を設けることになるので、取り付け費用が増すことです。また、外装材の種類が限定されてしまうのもデメリットといえます。

詳しくはこちらから

外断熱工法のメリット・デメリット

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL 03-6885-5961 

メールでのお問い合わせは
こちらから