居心地の良い都市型
狭小住宅の創り方
都市部の密集した住宅地で採光や通風を取り入れるには、建物に工夫を凝らして取り入れる必要があります。窓の位置や空間を工夫することによって、採光や通風を確保することができます。空間は、仕切り方やガラスを利用することによって広く感じさせることができます。視覚的効果を十分活用することによって、開放感ある空間が可能です。

快適で無駄のない空間
一般的な木造住宅の床下や小屋裏などは、半屋外の無駄な空間となってしまいます。外断熱、外張り断熱工法を採用した場合、床下や小屋裏は居室と同じ屋内空間となるので、無駄なく利用することができます。限られた空間を効率よく利用することによって、リビング、ダイニングなどを大きく開放感のある空間とすることができます。
外断熱、外張り断熱工法は気密性が高く、室内の上下の温度差を少なくすることができます。大きな空間でも室内環境が安定して快適な環境が可能です。外断熱、外張り断熱工法は都市型の狭小住宅に最適です。

都市型狭小住宅の創り方 

使い易さや安全性を考える
スキップフロアは広がりのある空間とすることができますが、日々の段差は高齢者でなくても苦痛となることがあります。周り階段は階段面積が少なく効率は良いのですが、物を運び入れるのが難しく、足を踏み外す危険があるので安全とは言えません。見た目も大切ですが、使い易さと安全性を優先したプランとすることが重要です。

住まいづくりをサポート 
新築の設計・工事監理に限らず、リフォーム工事の設計・工事監理や耐震診断、耐震改修などにも対応しています。注文者の生活に最もふさわしく、予算に合わせた住まいとすることができます。また、住まいに関する様々な疑問や不安などにお応えする相談窓口を設けています。現場相談や検査、工事監理も行っています。費用は事前にお見積りを提示していますのでご心配はいりません。お気軽にお問い合わせください。東京都世田谷区・目黒区・横浜市を中心に広い範囲で活動しています。

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL 03-6885-5961 

メールでのお問い合わせは
こちらから