外張り断熱工法とは?
木造の住まいに最適な工法
 

木造住宅の断熱の方法には一般に内断熱(または充填断熱)と外断熱(木造の場合外張り断熱といいます)とがあります。内断熱とは建物本体の内側壁内に断熱材を施したものをいいます。(図-1)木造(または鉄骨造)の構造本体柱・梁の外側に断熱材を施したものを外張り断熱といいます。気密性が高く、カビの原因となる結露が生じにくく衛生的な空間とすることができ、さらに構造体の耐久性も高くする優れた工法です。(図-2)

 

図-1 内断熱

 

外張り断熱工法図-2 外張り断熱

 

外断熱工法とは?こちらから

外張り断熱工法のメリット
デメリットは?

木造の外張り断熱工法は、建物構造体の外側に断熱材を連続して張っているため、すき間がなく気密性が高まります。断熱材の防湿層は構造体の外側となるので、構造体内部での結露の心配がありません。また、構造体は断熱材で守られ、温度差の影響を受けないため、長持ちする住まいとなります。

屋根部分は天井裏に断熱材を敷き込むのではなく、屋根面に断熱材が張られるため、夏に小屋裏が異常な熱気を持つことがありません。小屋裏を安定した環境とすることができるので、空間の利用範囲が広がります。

床下も外気から遮断されているので、すき間風が足元に入ることがなく、冬でも素足で生活することができます。このように気密が良いために室内環境が安定するのが外張り断熱工法の大きなメリットです。

外張り断熱工法のメリット・デメリット

2000年に建築雑誌で「外張り断熱が良いといわれる理由」を掲載しましたが、当時はあまり知られていない工法でした。また、間違った情報で宣伝が行われていました。外断熱工法と違って木造の外張り断熱工法はコンクリートのような蓄熱体がありません。蓄熱効果があるわけではないので、断熱性能が内断熱と比べて格段に良いとは言えません。断熱性能は断熱材の性能で決まることになります。

また、土台の防腐材が室内に充満するなど、健康被害の問題となることもありました。外張り断熱工法は構造体すべてが室内側になることを忘れずに施工しなければなりません。外装材と構造体の間に断熱材が設けられるため、特に重量のある外装材を使用する場合には取付け方法に工夫が必要です。シロアリの被害を受ける可能性のある断熱材を基礎に使用する場合、保護材の選定に注意が必要です。

このように優れた工法ではありますが、注意しなければならない点も多く、外張り断熱の仕組みをよく理解した経験ある設計者や施工者に依頼しないと問題が起きることもあるのです。

詳しくはこちらから

外張り断熱工法

お電話でのお問い合わせはこちらから
TEL 03-6885-5961 

メールでのお問い合わせは
こちらから