トップページ 居心地の良い住まい 住まいに最適な工法 施工例 住宅相談室Q&Aナビ 会社概要 お問い合わせ  

お問い合わせ
 
   
外断熱外張り断熱
 
 
 
  
 

 
コンクリート造には外断熱が最適

 
<住まいに断熱材は欠かせない>

住まいの断熱性を高めることによって、室内の熱損失が少なくなり、冷暖房の効率が良くなります。冷暖房によるエネルギー消費を抑えることは、快適な環境を保つだけでなくランニングコストや住む人の健康を守る住まいには欠かせないことなのです。​
 
<RC造外断熱工法>
コンクリート造の建物の外壁や屋根の断熱は、構造体であるコンクリートの室内側に断熱材を張り付ける内断熱という工法が一般的に行われています。
 
この工法に対して、コンクリートを断熱材で外側からすっぽり包んでしまう工法を外断熱といいます。(図-1)欧米では省エネルギー対策として外断熱による建物は最も効果のある方法とされ、コンクリート造の多くの建物は外断熱工法で建てられています。

   
外断熱工法 
  図-1 外断熱工法     
 
 
<省エネルギー対策に有効>
コンクリート自体は内部に大きな熱を蓄える力がありますが、この特性を利用したのが外断熱という工法です。外断熱を採用すると、コンクリート自体が室内の熱(暖冷房の熱等)を蓄熱してくれます。
 
冬は内部の暖房や照明の熱を蓄熱してくれるので、暖房を止めたとしてもコンクリートに蓄えられた熱の放熱によって急激に冷えることがありません。
 

夏は熱い日差しでコンクリートが熱を持つことがありません。コンクリートは冷房熱を蓄熱して冷えているので、冷房を止めたあとでも暑くて寝苦しいということがありません。上下の温度差が少ない安定した室内環境とすることができます。
 
<衛生的な空間となる>
また、コンクリートが断熱材で覆われているため、室内側は結露が生じにくくなり、カビやダニが発生しない衛生的な空間とすることができます。コンクリートは外側から保護されているので、いつまでも本来の強度を保つことができるメリットがあります。
 
<建物の耐久性が増す>
コンクリートは一般に知られているより弱くてもろいので、外装に素材のまま使用するには不向きな素材です。外断熱はコンクリートを外側から包んで保護してしまうので、コンクリートの耐久性が増すといえるでしょう。
 


 
木造には外張り断熱が最適
 
<外張り断熱工法とは?>

木造の建物の断熱工法木造住宅の断熱の方法には一般に内断熱と外張り断熱とがあります。内断熱とは建物本体の内側壁内に断熱材を施したものをいいます。(図-1)
 
外張り断熱とは建物本体柱梁の外側に断熱材を施したものをいいます。(図-2)
 
木造住宅では一般的な内断熱は、断熱材を木材間に差し込む方法となるため、どうしても断熱材同士にすき間ができてしまい熱損失が生じてしまいます。(図-3)
 
一方外張り断熱工法は構造材の外側に断熱板を連続して張っていくために、断熱材がとぎれることなく構造材をおおうことができます。小屋裏や床下も包み込む工法なので、すき間がなく熱損失が少なくなります。(図-4) 

       
図-1 内断熱工法 
 
 
図-2 外張り断熱工法 
 
 
       
  図-3 内断熱工法 
 
 
図-4 外張り断熱工法 
 
 
 

<内断熱に生じやすい内部結露>
住まいにおける結露には、内装の表面に結露する表面結露と壁内に結露する内部結露とがあります。内部結露は室内の湿気が壁内に入り込み、温度差の影響で生じるもので、放置しておくと構造材が腐食することになり、カビやダニが発生して健康を損ねます。
 
内部結露を防止するため、壁内に湿気が入り込まないよう断熱材の室内側に防湿シートを張ります。この防湿シートの継ぎ目や取合いでスキマがあると、壁内に湿気が侵入してしまいます。内断熱の場合、床と壁の取り合い部分や天井と壁の取り合い部分、スイッチやコンセント部分はどうしてもスキマができてしまいます。断熱材の施工後すぐに仕上げ材を張ってしまうので、監理建築士がいても全てをチェックすることはできません。
 
<外張り断熱がいいといわれる理由>
外張り断熱は建物構造体の外側に断熱材を連続して張っているため、湿気が入り込むすき間がなく気密性が高まります。断熱材の防湿層は構造体の外側となるので、内部結露による構造体腐食の心配もありません。
 
結露でカビやダニが発生することもなく、衛生的な空間となるのが大きな特徴です。また、構造体が断熱材で守られているため、温度差の影響を受けないので、長持ちする住まいとなります。

 
屋根部分は天井裏に断熱材を敷き込むのではなく、屋根材のところに断熱材が張られるため、夏に小屋裏が異常な熱気を持つことがありません。小屋裏を安定した環境とすることができるので空間の利用範囲が広がります。
 
床と壁との取り合いはすき間ができやすく、一般の内断熱工法では1階の床で十分な気密を確保することができません。床下に断熱材をすき間なく連続して設けることも簡単にはできません。床下からすき間風が入ると足元が冷たくなり、室温が高くても寒く感じることがあります。
 

床下を外気と遮断する外張り断熱工法は、室内の上下の温度差を少なくして快適な環境とすることができます。このように気密が良いために室内環境が安定し、構造体を守ることができるのが外張り断熱工法の大きなメリットです。
 

   
髙城建築設計スタジオ TEL: 03-6885-5961
 
居心地の良い住まい 住まいの耐震リフォーム 住宅相談室 Q&Aナビ
住まいに最適な工法 大規模修繕工事のすすめ方 会社概要要/プロフィール
外断熱・外張り断熱工法 RC造マンションの提案 ご相談/お問い合わせ  
予算に合わせた住まい 快適住まいの施工例 オンライン住宅相談室
都市型住宅の住まい リンク・サイトマップ よくあるご質問

  Copyright(C) T.A.Studio All Rights Reserved..